ホシノ天然酵母パン種 生種作り
初心者でも比較的簡単に天然酵母パンが作れるホシノ天然酵母パン種を使って
パン作りにチャレンジ! まずは生種作りから♪
今回は「天然生活」に載っていた平野由希子さんの作り方と
「ホシノ天然酵母の焼きたてパンLESSON」という本の作り方を参考に・・・



まずは容器の熱湯消毒から・・・
私が酵母起こしや生種作りに使う瓶は
ホームセンターや100円shopなどで買ってます。
熱湯の中でグラグラと数分間お風呂に
入ってもらって身を清めてもらいます(笑)
消毒が終わったら逆さにして乾かし
いよいよ生種作り開始!!


熱湯消毒した容器(ガラス瓶)に30℃くらいの
ぬるま湯とパン種を入れます。
ぬるま湯は温度計できちんと測ります。
ここで温度管理を怠ると美味しいパンが
出来ませんから・・・


パン種を入れてかき混ぜると水分をすって
だんだんとおから状になってきます。
ここで混ぜるのに使うスプーンもきちんと
熱湯消毒しました。


混ぜ終わったら私はフタにふんわりと
ラップをして楊枝で数箇所穴をあけました。
酵母は生き物だから空気に触れた方が
いいのだそうです。


25〜35℃に温度を保つ為、私は発泡スチロールの
箱にお湯と一緒に入れました。
このまましばらく置いておきます。


約12時間後の様子。表面にぷつぷつと
泡が出来ているのが分かります。
でもまだアルコール臭がしないし
生地ももったりしている感じ。

上の写真から更に12時間後、
作り始めて約24時間後の様子。
まだ泡がぷつぷつと出来て酵母が
活発に動いている感じ。
温度が低めだったので更にここから
2時間位置いて完成としました。
アルコール臭もして舐めると酸味が!
生地はなめらかになってます。